<< 2011.3.13 【無事終了】 | TOP | 活動報告 >>

2011年03月20日

2011.3.13 【大会結果】

3月13日(日)愛知県豊川市体育館にて同地初開催となるシュートボクシング・プロイベント『ヤングシーザー杯CENTRAL』を実施。この大会は先日の東北地方太平洋沖地震に見舞われた被災地への救済チャリティーイベントとして開催し、当日集まった募金および収益金の一部は義援金として豊川市の公的機関を通じ被災地へと寄付される。
 また当日は被災地へのエールと犠牲者への追悼の意を込めて審判団および大会スタッフ全員が腕に喪章をはめてイベントを進行した。



 この大会は豊川観光協会が後援となり、地元議員や豊川のマスコットキャラクター『いなりん』が駆け付けるなど、市をあげてのイベントとして注目され来場者はスタンドも含め950名超満員となった。試合には地元ストライキングジムAresの若手選手を中心に、名古屋GSBほか愛知県の各ジムからも多くの選手が出場し熱戦を繰り広げた。初めて生で観戦するシュートボクシングの試合に地元の観客は大歓声を送り、休憩明けにはSB日本スーパーフェザー級1位・鈴木博昭がマスコット『いなりん』とエキシビジョンマッチを行うなど初進出となった中部地区ヤング杯は大いに盛り上がった。



第9試合 スーパーウェルター級 3分3R(無制限延長R)
×黒木信一郎(ストライキングジムAres)
〇ラットタチャヨーティン・ラッシュスポーツプロモーション(タイ/一宮ムエタイ)
1R 0'46" KO (ハイキック)

 1R、静かに蹴りを繰り出す両者。黒木のローキックをカットしつつ大きなモーションで強いローキックを返すラットタチャヨーティン。しかし黒木が体の位置を変えようとした刹那、その動きに合わせて放ったラットタチャヨーティンのハイキックがまともに黒木の首筋を捉え横倒しにダウン。どうにか立ち上がるも足元がおぼつかない黒木を見てレフリーが試合をストップし、ラットタチャヨーティンのKO勝利となった。


第8試合 スーパーバンタム級 3分3R(無制限延長R)
×村田大輔(ストライキングジムAres)
〇大桑宏章(シーザージム渋谷)
判定0-3

 本場タイでの試合もこなすムエタイ仕込みの高速キックを武器に、過去に藤本昌大、尹戸 雅教ら上位ランカーをことごとく撃破してきた村田。一方、柔道金メダリスト谷本歩美、DEEP王者白井裕矢を輩出した地元の名門・桜丘高校柔道部出身の大桑は打撃からの投げ技に定評がある。
 1R開始早々、サウスポーの大桑に対して右の高速ミドルキックを打ち込む村田。ステップを使い照準を絞らせず、蹴りの引き際にコンパクトな左ストレートからの右のフックを返し回り込む大桑。蹴りからパンチ、ヒザとアグレッシブに村田が攻め込み、大桑を探せはじめたとこでラウンド終了のゴング。
 続く2R、徐々に村田の攻撃に合わせ懐に飛び込んで投げのタイミングを計る大桑。村田のパンチをダッキングして組みつくと俵返しのような体制からそのままブリッジで後方への投げ技を決めシュートポイント2を先取。続けて、前進してきた村田に一本背負いを決めSP1を獲得。この大桑の投げ技に、初めてシュートボクシングを見た豊川のファンからは大きな歓声が沸き起こった。
 迎えた最終ラウンド、変わらずステップを駆使する大桑に、KOする以外なくなった村田は前進しパンチ、キック、ヒザを叩きこむ。強烈な左ボディが大桑の右わき腹をとらえ大桑が苦悶の表情を浮かべるが、投げ技と左のパンチでその場を凌ぎこのラウンドを逃げ切り判定3-0で大桑が勝利を収めた。


第7試合 スーパーライト級 3分3R(延長最大2R)
〇トオル(ストライキングジムAres)
×玉川和樹(GSB名古屋)
判定3-0

第6試合 57.5kg契約 2分3R(延長1R)
×菊池 亮(ストライキングジムAres)
〇山村教文(GSB名古屋)
判定0-3

第5試合 ミドル級 2分3R(延長1R)
×牧野慎一(勇三道場)
〇JANBO YO-SUKE(シーザージム新小岩)
4R 判定0-3

第4試合 スーパーライト級 2分3R(延長1R)
×元山修一(ストライキングジムAres)
〇ルード(blue horse)
判定0-3

第3試合 57.5s契約 2分3R(延長1R)
〇作田良典(GET OVER)
×二田水敏幸(NEX-SPORTS)
判定3-0

第2試合 63s契約 2分3R(延長1R)
〇浦野啓太(ストライキングジムAres)
×岡部秀樹(GET OVER)
4R 判定3-0

第1試合 スーパーバンタム級 2分3R(延長1R)
×バレット(インスパイアS)
〇磯部 心(スプラッシュ)
2R 0'31" TKO

 SBアマチュア選手権CENTRAL55kg級で優勝を収めている磯辺が、思い切りのいいパンチでバレットから2度のダウンを奪う見事なKO勝利を収めヤングシーザー賞を獲得した。


アマチュア第3試合 63s契約 2分3R(延長1R)
×北川裕紀(ストライキングジムAres)
〇元谷友貴(CBインパクト)
判定0-3

アマチュア第2試合 55s契約 2分3R(延長1R)
〇山本 剛(ストライキングジムAres)
×鈴木 慎(GSB名古屋)
判定3-0

アマチュア第1試合 52s契約 2分3R(延長1R)
〇内藤大樹(ストライキングジムAres)
×井上直樹(白心会)
判定2-0


抜粋にて失礼します

posted by ares at 11:26 | Comment(0) | 大会情報

この記事へのコメント

コメントを書く

■お名前:

■メールアドレス:

■ホームページアドレス:

■コメント:

■認証コード: [必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

最近の記事

[11/04] #8 試合結果

[11/02] #8 計量

[10/23] #8 残り10日

[10/19] 全試合決定

[10/05] #8 1ヶ月前

最近のコメント

[03/06] 激励賞 by 鈴木 政典 (03/06)

[08/19] 2012.212 対戦カード by 紫貴 (08/19)

[07/30] 活動報告 by 夏だからね (07/30)

[01/24] 実験! by シュートボクシング太郎 (01/24)

«  2013年11月  »

 

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

QRコード

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。